抽象水彩
​Blog

リレーインタビュー① 村田 → 和氣

「ネタがないなら、作ればいいじゃない。」

こう書いた川端から依頼を受けたインタビュー記事。

これから、川端を除いた5名で順番にインタビューしていくという企画。

発案者は何もしないのでしょうか…。

弱い立場の人間はつらいですね。

さて、気を取り直して、村田から和氣にインタビューします。

"本が好き!"担当の和氣 はどんな人間なのでしょうか。

まずは、最近のマイブーム。

シンプルに珈琲とのこと。いろいろな珈琲豆専門店のブレンドを試していて、

いまのところのイチ押しは「カフェ・ファソン」の代官山ブレンド。

確かに、たまにボトルにコーヒー入れて持ってきています。

休日の過ごし方は、漫画を読んだり、アニメを見たり、街歩きすること。

最近に読んだ漫画は、「ヴィンランド・サーガ」「BLUE GAINT」「魔法使いの嫁」

「王様達のヴァイキング」「文豪ストレイドックス」。

最近はまっている漫画家は水樹和佳子さん・五十嵐大介さん。

ジャンプやマガジンが出てこないところがいいですね!

漫画家さんも通好みです。

最近見たアニメは、「まおゆう」「おそ松さん」「ログホライズン」

ちょっと前の作品が多いでしょうか。

「おそ松さん」をさらっとあげるあたり、男性としては珍しい感じです。

街歩きは主に下北・西荻辺りをぶらついているそうです。

(西荻窪をこんな風に短くするなんて初めて知りました)

下北ではビブリオカフェのアンソロップ、バロンデッセがオススメ、

西荻では古本屋の音羽館に古本バルの月よみ堂がオススメ。

さらに西荻では、文青堂という自分のお店を土曜日に営業しているそうです。

文青とは、台湾のオサレ男子を指す言葉です。

フライングラインの仕事以外にも本屋も営業しているなんてかっこいいですね!

話は変わって、今まで一番大変だったことを聞くと、本を執筆すること、と。

現在、"本が好き!"とは別に執筆も